まどか法務行政書士事務所 Top > ビザ・在留許可 > ビザ変更(在留資格変更許可申請)

ビザ変更(在留資格変更許可申請)

日本に滞在する目的が変わった場合には「在留資格変更許可申請」を行います。

例えば

  • 留学生が卒業する → 「留学」から就職活動が目的の「特定活動」、もしくは就職が決まっていれば就労ビザ
  • 就労ビザで滞在している方が日本人と結婚→結婚ビザ「日本人の配偶者等」へ
  • 「家族滞在」の資格で滞在されている方が就職される→就労ビザへ

等のケースがあります。

在留資格の変更を受ける前に異なる在留資格の内容の活動をされると、「資格外活動」として違反に 問われますので、在留資格変更の許可を受けてください。

在留資格変更許可申請は、申請すれば自動的に許可されるものではありません。 新しい活動が適正かどうか、これまでの滞在履歴に問題がなかったかどうか、等が審査されます。

また、「短期滞在」から他の在留資格への変更許可はやむを得ない事情がある以外は認められません。 本来であれば一旦出国して「在留資格認定証明書交付申請」を行いますが、 「短期滞在」の資格をお持ちの方で事情が変わった方は、ひとまずご相談ください。

まどか法務行政書士事務所の申請取次行政書士が手続きを代行いたします。

ビザ変更(在留資格変更許可申請)

ビザ変更(ex.留学→就労) 在留資格変更申請 ¥108,000
  〃  (家族同時申請) ¥129,600
ビザ変更(ex.就労→結婚) 在留資格変更申請 ¥151,200

その他の変更についてはお見積り致します。

Change of VISA(Application for Change of Status of Residence)

When your purpose of stay changes, you must apply for a change of status of residence.

Example,

  • Foreign students graduate → Change from “Student” to “Designated Activity” if job hunting.
    Change from “Student” to “Work” if already accepted by a company.
  • It is fine to stay with Work VISA, however, Spouse VISA allows all acivities and is easier to get a permanent residency or to be naturalized.
  • A foreigner with work VISA getting married to a Japanese → ”Spouse VISA”
  • A foreigner staying with “Dependent”VISA must change to Worl VISA if they start working.

It is a violation if you are in any activities that are not under your Status of Residence.

Application for Change of Status of Residence is not something that will be permitted automatically. Your behavior and activity, personal history and suitability will be examined.

Without any special reason, “Short Term Stay”can not be changed to other status of residence. Primarily, you leave the country and file an application,however, if you have a “Short Term Stay”VISA and your situation changes, please tell us about your concern.

An agent from Madoka Legal Service Office will act as deputy.

Change of VISA(Application for Chage of Status of Residence)

Change of VISA(ex.Study→Work) Application for Change of Status of Residence ¥108,000
  〃  (application with famly) ¥129,600
Change of VISA(ex.Work→Spouse) Application for Change of Status of Residence ¥151,200
签证变更(居留资格变更许可申请)

如果在日本居留的目的发生变更,需申请”在留资格变更许可申请”。

比如有以下几种例子:

  • 留学生毕业时 → 居留目的从留学变成就职活动时,居留资格变成”特定活动”,如果就职定下来,就变成就劳签证。
  • 持有就劳签证在日本居留者如果和日本人结婚 → 签证变成”日本人的配偶等”
  • 将”家属居留”资格者就职时 → 就劳签证

※继续持有就劳签证也无不可,但是建议申请”日本人的配偶等”的居留资格,因为这种资格没有活动的限制。
申请永居权或归化的条件也较宽松。

在居留资格变更得到许可前如果从事居留资格不同的活动,将会被认为违反入国管理法规则,
所以如有活动的变更,请申请居留资格的变更。

申请居留资格变更许可时,并不是自动能得到许可。 需要审查新的活动是否适当,以前的居留经历里是否存在问题。

另外,从”短期居留”变成其他的居留资格时,除非有不得已的原因,否则得不到许可。 本来”短期居留”变更时,需要暂时离开日本,并办理”在留资格认定证明书”持”短期居留”资格者如有特殊的情况,也可咨询本事务所。

まどか法務行政書士事務所の申請取次行政書士が手続きを代行いたします。

ビザ変更(在留資格変更許可申請)

签证变更(ex.留学→就劳) 在留資格変更申請 ¥108,000
  〃  (家属同時申请) ¥129,600
签证变更(ex.就劳→结婚) 在留資格変更申請 ¥151,200

まどか法務 行政書士事務所
Madoka Legal Service Office

行政書士 兼先 美和 かねさき みわ

《取扱業務》
在留許可申請(外国人滞在ビザ)、
帰化申請、
国際企業法務、
国際身分関係手続き(相続、結婚、離婚)
アポスティーユ(外務省公印確認)
営業許可申請、官公庁届出、
翻訳、通訳

《主な活動エリア》
神戸、明石、姫路、豊岡、但馬地域を含む兵庫県全域、 大阪、京都、滋賀、奈良、和歌山 岡山、鳥取
Hyogo Area including Kobe, Akashi, Himeji, Toyooka and Tajima, Osaka, Kyoto, Shiga, Nara, Wakayama, Okayama, Tottori.

お電話でのご相談
078-777-1626

受付時間: 月~金 09:00~19:00
※携帯電話に転送されることがあります。
ご了承ください。

JR兵庫駅から徒歩1分!
電話予約の上、お気軽にお越しください。

《所在地》
〒652-0805
兵庫県神戸市兵庫区羽坂通4-1-1 兵庫駅前ビル201-1
201-1 Hyogo Ekimae Bldg., 4-1-1 Hasaka-dori, Hyogo-ku, Kobe, 652-0805, Japan