まどか法務行政書士事務所 Top > ビザ・在留許可 > 在留資格認定証明書交付申請

在留資格認定証明書交付申請

在留資格認定証明書とは、日本に入国しようとする外国人に対し、法務大臣があらかじめ日本への入国の目的が入国管理法に定める在留資格に該当していることを認定したことを証明するものです。

在留資格認定証明書の交付を受けていれば、在外の日本国大使館、領事館で査証(ビザ)が速やかに発給され、入国の際の入国審査も容易です。

在留資格認定証明書交付申請は、「短期滞在」、「永住者」を除く在留資格について申請が可能です。

在留資格認定証明書交付申請から査証(ビザ)申請・発給までの流れ

① 日本にいる関係者(代理人)に認定証明書交付申請の依頼をします。
 ※申請できる代理人は入管法で定められていますが、主に受け入れ機関または親族です。
② 代理人が地方入国管理局等に在留資格認定証明書交付申請を行います。
③ 入国管理局の審査の後、在留資格認定証明書が交付されます。
④ 代理人が入国予定の外国人に在留資格認定証明書を送付します。
⑤ 入国予定の外国人が在外公館(大使館、領事館)に在留資格認定証明書を提示し、査証(ビザ)発給の申請を行い、旅券に査証の発給を受けます。
⑥ 発給された査証を以て日本に上陸します。

交付までの期間と有効期間

申請から交付までに要する時間は、入国管理局の込み具合、申請の内容にもよりますが、例えば就労関係の申請ですと、2ヶ月程度が目安となります。

在留資格認定証明書の有効期間は3ヶ月ですので、期間内に入国することが必要です。

申請書類

申請には、在留資格認定証明書交付申請書の他に、入国、在留する目的が在留資格に適合することを立証する書類が必要です。

この資料は在留資格ごとに具体的に定められていますが、個人の事情、経歴によって提出する資料はそれぞれ異なります。

許可を得るためには「在留資格該当性」「基準適合性」の要件があります。

許可を得るための一定の基準がそれぞれの在留資格に定められており、申請者の方の経歴、日本に在留する間の活動がその基準に合致するかが判断されますので、その方の実情に合わせ、日本に滞在する合理的な理由を立証する書類を作成し、資料を整える必要があります。

Application for Certificate of Eligibility

Certificate of Eligibility is issued by the Ministry of Justice in advance to prove that the purpose of entry is applicable under the status of Residence, Immigration Control and Refugee Recognition Act.

As long as this certificate is issued, VISA can be issued fast at Japanese embassies and consulates overseas, and the immigration check at entry is easy.

In exception of Short Term Stay and Permanent Residents, the certificate can be applied for.

Steps from application of the Certificate of Eligibility for Resident Status to permit of entry

1. Request the representative in Japan to apply for the certificate.
 ※Immigration law determines the conditions of the representatives, primarily the employer or your family.
2. The representative will apply for the certificate of eligibility at the local Immigration Bureau.
3. After the examination by the Immigration Bureau, the Certificate of Eligibility will be granted.
4. The representative will send the Certiricate of Eligibility to the foreigner who is planning on entering Japan.
5. The foreigner planning on entering Japan will present the Certificate of Eligibility at the diplomatic establishments abroad, and apply for issue of VISA and have VISA issued on the passport.
6. With the issued VISA, arrive in Japan.

Necessary Time for Issue and the Term of Validity

How long it takes from application to issue depends on how busy the Immigration Bureau is, or the type of application. Primalily, work VISA would take about 2 months.

The Certificate of Eligibility’s term of validity is 3 months. You must enter within the term.

Application Documents

Aside from the Certificate of Eligibility, the documents to prove the purpose of entry and stay matching with the status of residence is needed for application.

These documents and materials are precisely determined for each status of residence, however, it differs between each individual’s personal history and situation.

Required condutions for permission are “status of residence relevance” and “criteria suitability”.

For each status of residence, a standard is set for permission.
The applicant’s personal career must match the person’s activities during the stay in Japan.
Therefore, documents must be prepared to prove a rational reason and purpose of stay.

“居留资格认定证明书”的申请

“居留资格认定证明书”是针对将要进入日本的外国人,法务大臣对其入国的目的是否符合入国管理法上规定的居留资格进行认定,并颁发的证明。

如果领取到”居留资格认定证明书”,就可以顺利地在所在国的日本大使馆,领事馆领到签证,进入日本时的入国审查也会顺利。

短期逗留和永居者没有资格申请”居留资格认定证明书”。

从”居留资格认定证明书”申请到签证(日文是查证)申请和颁发的过程

① 由在日本的代理人申请”居留资格认定证明书”。
 ※根据入管法规定,能够办理申请的代理人只限于接受方机关或亲属。
② 代理人到地方入国管理局申请”居留资格认定证明书”。(如果委托行政书士代办,代理人不需亲自去入国管理局)
③ 入国管理局经过审查后颁发”居留资格认定证明书”。
④ 代理人给将要进入日本的申请人邮送”居留资格认定证明书”。
⑤ 即将进入日本的外国申请人在当地的日本大使馆或领事馆出示”居留资格认定证明书”办理签证申请手续,在护照上得到签证的签发。
⑥ 领到签证后就可以进入日本了。

签证申请所需时间及有效期间

比如就劳签证,从申请到拿到签证大约需要2个月左右的时间。遇到入国管理局的繁忙期,或根据申请内容,申请所需时间可能会长些。

“居留资格认定证明书”的有效期间是3个月,必须在此期间进入日本。

申請書類

申请时,除了需要填写”居留资格认定证明书交付申请书”,还需要提供证明居留目的符合居留资格的材料。

每一种居留资格都有所需证明材料的具体规定,根据个人的情况及经历,所需提供的材料也会有所不同。

为了拿到许可,需要根据”居留资格该当性”和”基准适合性”对申请进行审查。

每一种居留资格都有一定的审查标准,根据申请人的经历及在日期间的活动是否符合标准来进行判断。有必要根据个人的实际情况,提供材料证明其在日本居留的理由的合理性。

まどか法務 行政書士事務所
Madoka Legal Service Office

行政書士 兼先 美和 かねさき みわ

《取扱業務》
在留許可申請(外国人滞在ビザ)、
帰化申請、
国際企業法務、
国際身分関係手続き(相続、結婚、離婚)
アポスティーユ(外務省公印確認)
営業許可申請、官公庁届出、
翻訳、通訳

《主な活動エリア》
神戸、明石、姫路、豊岡、但馬地域を含む兵庫県全域、 大阪、京都、滋賀、奈良、和歌山 岡山、鳥取
Hyogo Area including Kobe, Akashi, Himeji, Toyooka and Tajima, Osaka, Kyoto, Shiga, Nara, Wakayama, Okayama, Tottori.

お電話でのご相談
078-777-1626

受付時間: 月~金 09:00~19:00
※携帯電話に転送されることがあります。
ご了承ください。

JR兵庫駅から徒歩1分!
電話予約の上、お気軽にお越しください。

《所在地》
〒652-0805
兵庫県神戸市兵庫区羽坂通4-1-1 兵庫駅前ビル201-1
201-1 Hyogo Ekimae Bldg., 4-1-1 Hasaka-dori, Hyogo-ku, Kobe, 652-0805, Japan