査証(ビザ)

査証は上陸手続きに必要なもので、海外におかれている日本の大使館や領事館で発給されます。

具体的には査証官がパスポートに査証の印を押します。

査証は、外交・公用・就業・一般・通過・短期滞在・特定・医療滞在の8種類に区分されています。

査証には入国目的と滞在予定期間が記載され、入国目的の欄には在留資格が記入されます。

査証=入国許可、ではありません。

空港等上陸時に入国審査官の審査を受けて初めて入国が許可されますので、上陸の目的に合致しない査証では上陸が許可されないことになります。

例えば留学目的の人が短期滞在の査証では入国の目的に合わないということになります。

在留資格認定証明書は、査証の発給、上陸手続きの簡素化、迅速化を図るための制度で、在留資格認定証明書を提示して査証の申請をすると、査証は簡単に発給されます。

査証はあくまでも上陸手続きに必要なもので、上陸の許可を受けると使用済みとなります。

「ビザ」というのは日本国では本来このような扱いとなっていますが、世間一般では上陸許可、在留許可、在留資格などを含めて「ビザ」と呼ぶことがありますので、当事務所では便宜上、上記の査証も含め、外国人の入国、滞在に関する許可、資格を「ビザ」と称します。

VISA

VISA is a requirement in the entry process, and are issued at Japanese embassies and consulates overseas.

An officer will stamp your passport.

VISA is devided into these 8 categories:
Dipolomatic VISA, Official VISA, Working VISA, General VISA, Transit VISA, VISA for Short Term Stay, Special VISA, and VISA for Medical Stay.

On VISA, the term of stay will be printed. The Status of Residence will be written in the “Purpose of Stay” column.

VISA does not work as a permission to enter.

After landing at airport, you must go through immigration check to finally enter.

Therefore, entry will not be permitted if the VISA does not match with the purpose of entry.

For example, foreign students willing to study in Japan can not enter with VISA for short-term stay.

Certificate of Eligibility is a system for simplifying the process of issue of VISA and entry processes.

VISA can be issued fairly easily if it is applied for with the presentation of the Certificate of Eligibility.

VISA is only needed for the process of entry, so after it is permitted to enter, the VISA will be considered used.

VISA in Japan originally is defined this way, however, the society in general uses it’s meaning as permission to enter, permission to stay, and resident status.
Our office will for convenience, use the term “VISA” for all of the above meaning.

签证(查证)

签证是进入日本的必经手续,由申请人所在国及地区的日本大使馆或领事馆签发。

具体是由签发官在护照上签发签证。

签证有8种类型,外交,公务,就业,一般,路过,短期逗留,特定,医疗逗留。

在签证上记载有入国目的和计划逗留期间。在入国目的一栏标明居留资格的类型

拿到签证并不意味着能进入日本。

通过空路进入日本时,需要经过入国审查官的审查后才可以进入日本。不符合签证上的入国目的的登陆不予许可。

例如,拿到短期逗留的签证打算留学的情况,不符合其入国的目的。

“居留资格认定证明书”是一种可以简化加速签证签发及入国手续的方法。

签证不过是进入日本的必经手续,一旦得到入国许可,进入日本后,签证不再有效。

本事务所为了方便起见,将上面谈到的签证,及外国人的入国和逗留相关的许可,资格一并称作”签证”。

まどか法務 行政書士事務所
Madoka Legal Service Office

行政書士 兼先 美和 かねさき みわ

《取扱業務》
在留許可申請(外国人滞在ビザ)、
帰化申請、
国際企業法務、
国際身分関係手続き(相続、結婚、離婚)
アポスティーユ(外務省公印確認)
営業許可申請、官公庁届出、
翻訳、通訳

《主な活動エリア》
神戸、明石、姫路、豊岡、但馬地域を含む兵庫県全域、 大阪、京都、滋賀、奈良、和歌山 岡山、鳥取
Hyogo Area including Kobe, Akashi, Himeji, Toyooka and Tajima, Osaka, Kyoto, Shiga, Nara, Wakayama, Okayama, Tottori.

お電話でのご相談
078-777-1626

受付時間: 月~金 09:00~19:00
※携帯電話に転送されることがあります。
ご了承ください。

JR兵庫駅から徒歩1分!
電話予約の上、お気軽にお越しください。

《所在地》
〒652-0805
兵庫県神戸市兵庫区羽坂通4-1-1 兵庫駅前ビル201-1
201-1 Hyogo Ekimae Bldg., 4-1-1 Hasaka-dori, Hyogo-ku, Kobe, 652-0805, Japan